<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

製薬会社への就職の心構え

→人気サイトランキングはコチラ!

薬剤師の資格を持った人が、製薬会社に転職する場合、ある程度の心構えが必要ではないでしょうか。薬剤師という職業は、病院や薬局で調剤をするだけしか活躍する場がないわけではありません。製薬会社での薬剤師の資格を持った人が担う仕事には、医薬品の研究開発をする研究職だけではなく、薬剤師の資格を持った人でも営業職として採用されることも多いのです。製薬会社での営業は、MRと言われる医薬情報担当として、取引先の病院の医師を相手にして、医薬品の説明を行い、自社の製薬を使ってもらい、医師が間違った薬の使い方をしないようにサポートすることが仕事と言えるでしょう。

こういった製薬会社の営業職は、薬剤師の資格をもった人の転職先としては、本来の薬剤師の仕事ではないということから、希望しない薬剤師の方もいるのは事実です。しかし、多くの薬剤師の資格をもった人が、製薬会社でMRという営業職についているということも事実なのです。薬剤師の資格をもった人が、製薬会社への転職を考えた場合、何を求めて製薬会社に転職するかによって、その心構えも異なってきます

薬剤師の資格を持った人が製薬会社に転職を希望する場合、薬剤師として新薬の開発などの研究職を希望するのであれば、それなりのキャリアをつんで地道な転職活動が必要でしょう。というのは製薬会社では、たとえ薬剤師の資格をもっているからといえ、研究職での採用は全くないわけではありませんが、ほとんどないようです。つまり、それでもそのかなり難度な転職を希望するのであれば、それなりの心構えでキャリアと経験を磨かなければいけない、ということなのです。また、転職を希望する薬剤師の資格をもった人が、年収のアップを考えて、製薬会社に転職を希望する場合では、これもまたそれなりの心構えが必要です

これまで病院や薬局で調剤をしてきた薬剤師の方であれば、製薬会社の営業職への転職の可能性が高いでしょう。この場合、製薬会社での営業という仕事は、これまでの仕事のように店や病院に来られたお客様の対応をして、処方箋どおりの薬を調剤するという仕事とは、全く違う仕事です。取引先の病院の医師に自社の薬を使ってもらえるように、営業活動を行なうことが仕事になるので、コミュニケーション能力も必要となってくるのです。

しかし、薬剤師としての知識や経験は活かすことができ、やりがいのある仕事ではあるでしょう。薬剤師の資格をもった人が転職を希望するなら、薬剤師専門の転職サイトの利用が近道です。広いネットワークと実績から、多くの求人情報を提供してくれるので、自分に合った転職先も探しやすいので、ぜひ登録をおすすめします。

製薬会社の求人情報ならこのエージェントがオススメ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング