<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

第一三共の薬剤師採用情報と年収

→人気サイトランキングはコチラ!

第一三共では、新卒の採用はもちろんのこと、キャリア採用や障害のある人の採用など、幅広く人材を採用しています。現在募集されているキャリア採用の募集は、本社勤務での「品質保証担当者」と「安全性情報担当者」の募集が行なわれています。

「品質保証担当者」の職務内容は、製品や治験薬などの品質保証、となっており、GMP、レギュレーション等の知識があり、製剤処方設計あんどの経験や知識がある人材が求められています。また、「安全性情報担当者」の職務内は、安全性情報の収集や報告など、さらに市販された薬の国内外での副作用分析の安全対策といったこととなっています。

この職種は、製薬会社での経験をもった人材が求められています。さらに第一三共における新卒者の採用には、研究職、開発職、MR職といった職種が募集されているようです。人材の採用にあたって第一三共では、高い専門性を持って、優れた成果を継続的に出し続けられるプロフェッショナルな人材、組織全体が目指す「本質」にあった行動や判断ができる人材を求めているのです。

そして、第一三共では新たなビジネスに取り組むために、大きく変化する製薬業界を取り囲む環境の変化をチャンスと捉えて、志の高い人材を求めています。そのため、第一三共では、これまでの既成概念にとらわれず、先進的で創造的な考え方をもった人材が活躍してくれることを期待しているようです。こういった考えの第一三共であれば、薬剤師の資格を持った方々が、これまでの薬剤師としての経験と、薬剤師の資格を活かした仕事ができるのではないでしょうか。

第一三共の新卒者の初任給は、2011年の実績によれば、学士では22万円、修士では約24万円、そして博士では約28万円と、他の製薬会社とほぼ同じくらいとなっています。しかし、第一三共は、従業員数が6,000人を超える製薬会社でも大手となっているので、その平均年収も高いようです。平成22年から23年の製薬会社の年収ランキングによると、平均年齢40.4歳で平均年収は974万円となっています。また、第一三共の年齢別の年収シミュレーションでは、30歳では743万円、35歳では864万円、40歳では974万円、さらに45歳では1004万円というデータがあります。薬剤師の資格を持った人が転職を考える場合、キャリアアップのために転職をするのか、収入をアップさせるために転職をするのかによっても選ぶ勤務地が異なってきます。

そんなそれぞれの転職目的に合わせた転職先を探すなら、薬剤師専門の転職サイトに登録することが近道です。

第一三共の薬剤師求人はこの転職サイトで見つけよう!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング