<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

大日本住友製薬で働く薬剤師の年収と採用情報

→人気サイトランキングはコチラ!

大日本住友製薬は、研究開発を基盤として幅広く社会に貢献することを目指した企業です。そのため、研究職、開発職、生産部門、MR職、スタッフ部門においてそれぞれの分野でのプロフェッショナルが、常に個々の専門性を磨きながら互いに信頼関係を高めて大日本住友製薬がかかげるビジョンの現実を推進しています。

大日本住友製薬の新卒採用情報では、募集職種としては、研究職、臨床開発職、MR職、生産技術職、コーポレートスタッフ職、さらに動物用医薬品営業といった職種の募集が行なわれています。動物用医薬品営業に関しては、DSファーマアニマルヘルス株式会社への出向となっているようです。新卒者の初任給は、2011年度の実績では、大学卒で22万円、修士了で約24万円、そして博士了で約28万円となっています。この初任給の額は、他の製薬会社でもほぼ同じようなものとなっています。

また大日本住友製薬では、キャリア採用も行なっています。キャリア採用の募集職種としては、「分析開発研究業務」「製剤開発研究業務」「治験薬の品質保証業務」「治験原薬の製造業務」「生産技術職(製品の工業化検討・合理化業務)」「工務技術職(設備設計・導入業務)」といった募集が行なわれています。分析開発研究業務では、医薬品の品質管理や信頼性保証に関わる業務経験がある方や、製薬企業で分析開発研究業務経験が5年以上ある人材が求められています。

また、製剤開発研究業務では、製薬企業で製剤研究開発業務経験が3年以上ある人材が求められており、さらに治験薬の品質保証業務では、医薬品開発における製剤といった品質保証業務の経験や製造、品質関連業務経験がある人材が求められています。キャリア採用における給与は、経験や専門性などが考慮されるので、薬剤師の資格を持った方なら、薬剤師の資格とこれまでの経験を活かした仕事ができるのではないでしょうか。

大日本住友製薬の平均年収を見てみると、平成23年の有価証券報告書の数字によると、平均年収は825万円、平均年齢が40.6歳、さらに平均勤続年数は16.1年となっています。また、過去の平均年収の推移を見てみると、平成17年では850万円、平成18年では840万円、平成19年では839万円、そして平成20年では837万円、平成21年では828年、平成22年では825万円となっています。さらに、大日本住友製薬の年齢別の年収シミュレーションの数字を見てみると、25歳〜29歳では527万円、30歳〜34歳では629万円、35歳〜39歳では731万円、そして40歳〜44歳では825万円、45歳〜49歳では851万円、50歳以上では834万円となっています。

薬剤師の資格をもった人が、自分の持つ資格や経験を活かしてキャリアアップをはかるなら、薬剤師専門の人材サービスへ登録するとよいでしょう。薬剤師専門の人材サービスなら、個人ではなかなか得ることが出来ない求人情報を得ることができるので、希望の勤務先も見つけやすくなるでしょう。

大日本住友製薬の薬剤師採用情報ならこの薬剤師エージェント!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング