<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

製薬会社の開発職の薬剤師求人を探すなら

→人気サイトランキングはコチラ!

製薬会社の開発職は、医薬品メーカーとしての製薬企業を支える重要なお仕事です。新しい医薬品を発信し、医療現場や各家庭でより良く健康が実現できるように取り計らうことがメーカーとしての製薬会社の責務であり、それを商品として実現するのが開発職の仕事です。薬剤師としての資格が絶対に必要な分野ということではありませんが、薬剤師として身につけている基本的な薬学の知識は必要になる現場であるため、薬剤師としての資格を有さない一般職からの転身はほぼありません。求人募集でも、薬剤師であることを前提にしていることが多いです。

仕事の内容としては、実際に研究開発を進めるというよりも研究所での検証データなどをとりまとめたり、臨床試験に備えるなどの管理的な仕事が多いです。新しく開発した医薬品を流通させるためには、必ず厚生労働省の認可が必要ですが、それを取得するための段取りを組んだり、新薬に対しての理解に加えて所定の書類を用意したりという仕事も担当します。さまざまな手続きが必要な新薬開発の推進役として、力を発揮することになります。

そして開発といってもずっと机にかじりついているわけではなく、さまざまな人と触れ合う局面が多いので、コミュニケーション能力が問われることが多く、医薬品や認可の段取りに関して多くの知識を有するだけではいけません。関わる相手としては研究者の方、医療現場の方、厚労省の担当官など実にさまざまで、企業として掲げる目的を果たすための軸をしっかり貫きながら、相手の意見を汲み取ったり、こちらの意志を伝えたりと、杓子定規に進めるだけではうまくいかない局面も多くなります。

新薬に関わる仕事は、とてもダイナミックな経験となります。新しく認可を得る医薬品が医療を変える可能性もあり、最新の医薬品に触れることになる重要な立場でもあります。各製薬会社の掲げる理念などに関してしっかりと理解を深めることも重要ですし、敏感に細心の研究導光医療現場の問題などを捉えることも必要な仕事です。

このように薬剤師の資格を活かして、ダイナミックな仕事を行いたいと考えているような方に最適なフィールドです。求人側としてはパーソナリティが仕事の質を左右することが多いと認識していため、広く求人広告を展開するよりも、コミュニケーション能力や管理能力に秀でた人材を求めていることが多いです。薬剤師の人材が多く登録されている転職エージェントにのみ募集情報を出すという、非公開求人の割合もかなり高い分野です。

製薬会社の開発職求人も掲載!利用者が多い求人サイトはコレ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング