<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

製薬会社の医薬品安全性情報の薬剤師求人を探す!

→人気サイトランキングはコチラ!

薬剤師の知識を活かして、製薬会社に転職したいと思っている人もいらっしゃるでしょう。企業の規模やご自身のスキル等にもよりますが、年収アップを期待出来る求人もたくさんあり、製薬会社における医薬品安全性情報の求人は薬剤師免許があると優遇される職種の一つです。

具体的な業務内容は、薬の副作用などをきちんと評価する業務。薬に対する様々な副作用を、治験や市販後の調査、文献などから情報収集します。特に市販後は予期しない副作用が多く見つかることがあるので、より精密な情報収集が必要になると言われています。その結果、副作用の症状が多く見られるような場合には、添付文章の改訂等を行ないます。その他の業務は、薬事法に規定されるような副作用の情報を報告する義務があることから、時間との勝負である仕事でもありますが、基本的には薬の安全性を陰から支える、縁の下の力持ちのような仕事です。

やりがいや魅力は、常に日本だけでなく世界中の新しい情報に触れられること、また安全情報に関連していることで感じられると言われています。薬は人の体を守るものであり、同時に副作用で体を傷つけるものでもあります。自社で開発した薬が本当に安全なものなのか、多くの人に利用してもらえるのかは安全情報がベースになります。製薬会社には欠かすことのできない業務であることも魅力の一つであると言われています。

安全性情報で働く為の応募資格としては医薬品業界での安全性評価業務の経験です。薬剤師の経験のみで採用されのはなかなか難しいでしょう。安全性情報の経験が必要になるので、関連部門で働きたいのであれば、経験がなくても働ける職場で経験を積み、ステップアップとして転職を行なうことです。

問題になるのが、どのようにしてそのような求人を探すか、ということでしょう。未経験でかつ薬剤師優遇の求人情報を探すのは簡単ではありません。また、忙しい方も多く、情報収集に時間がかけられないことも現状です。転職を考えているのであれば、自分で情報収集することも大切ですが、転職エージェントなど、コンサルタントに自分に合った求人を探してもらうこともおすすめです。希望する条件を伝えることで、自分に合った企業を紹介してくれます。

安全性情報の業務は縁の下の力持ち。華やかな職種ではありませんが、薬の安全を陰から支える、無くてはならない仕事です。転職サイトやエージェントを利用しながら、自分が活躍出来る職場を探しましょう。

製薬会社の医薬品安全性情報の求人を探すならココ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング