<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

ドラッグストアから製薬会社へ転職希望の薬剤師へ

→人気サイトランキングはコチラ!

ドラックストアから製薬会社への転職は可能?
薬剤師の求人は他の業種と比べると多いという特徴があります。薬剤師の求人といえば、ドラックストアや調剤薬局、病院が多いです。最近は一度こういった場所で働いた後、転職先として製薬会社を選ぶ薬剤師も増えてきています。ドラックストア勤務の薬剤師が製薬会社へ転職することももちろん可能です。薬事法によって製薬会社には管理薬剤師を置くことが義務付けられているからです。ただし、製薬会社への転職を考えているなら出来るだけ年齢の若いうちに行いましょう。薬剤師の求人はありますが、40代以降になってくると、転職に十分なスキルを持っていなければ、良い条件での転職が難しくなっていきます。一から仕事を覚えていくにも、年齢が若い方が断然有利です。

製薬会社ではどのような仕事をするの?
ドラックストアでは、薬の調剤がメインの仕事ですが、製薬会社での薬剤師の仕事は多岐に渡ります。管理薬剤師やMR(医療情報担当営業)、DI業務(医薬品情報管理業務)、コールセンター、品質管理、治験、臨床、研究開発などなど。製薬会社の管理薬剤師の仕事は、自社の医薬品についての品質や安全性を管理することです。デスクワークが中心で、医薬品の申請も管理薬剤師が行います。MRは薬剤師の資格が必要ないため、薬剤師以外の応募も殺到する人気の職種です。営業が主な仕事になるため、コミュニケーション能力が必要不可欠です。治験や臨床は、英語を使う機会が多いので語学力があることが前提となっている場合が多いです。薬剤師の憧れである研究開発は、大学院卒であることが条件につき、求人数も少ない狭き門です。製薬会社への転職は、ドラックストアで行っていた薬剤師の業務とは180度仕事内容が変わることも覚悟しておかなければなりません。調剤の知識は5〜10%ほどしか役に立たないと言われているからです。

製薬会社の求人はどのようにして探す?
製薬会社の求人は、ドラックストアの求人のように多くありません。募集人数が少ない上に、非公開求人という形式で求人をかける企業も多いです。新卒を採用する時期以外に、秋採用で求人を募集している製薬会社もあります。製薬会社への転職を考えている場合には、求人情報をこまめにチェックしておくと良いでしょう。インターネットを活用して情報を収集するとハローワークなどでは見つけられないような情報が手に入り、有利に転職を進めていくことが出来るでしょう。

人気製薬会社の求人があるエージェントサイトはこれ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング