<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

日本新薬の薬剤師採用情報と年収

→人気サイトランキングはコチラ!

日本新薬は、主に医家向け医薬品や、食品添加物の製造の販売をおこなっている、中堅医薬品メーカーです。そして日本新薬では、明るく元気で前向きに取り組む人であるなら、誰にでも仕事ができるチャンスがある企業です。

日本新薬は、すでに2013年の新卒採用は締め切ったようですが、理系修士以上の医薬品研究職と、学士以上のMR職が採用職種となっていました。また、新卒者の初任給は、博士では約28万円、修士では約24万円、そして大卒では約22万円となっています。日本新薬では、すべての社員に成長する機会を与えています。そのため、それぞれがもつ能力を向上させて企業の価値観を高めることができるようになっているのです。また、日本新薬では、学術的なバックアップ体制はもちろんのこと、配属されてから半年間は、新人のMRが戸惑うことなくスムーズに営業活動が行えるようにサポートするために、先輩による公私にわたった指導を行なうブラザー・シスター制度というシステムがあります。

また、現在日本新薬では、キャリア採用や中途採用は、行なわれていないようです。日本新薬の企業データの中で、平均年収を見てみると、平成23年の有価証券報告書の数字によると、日本新薬の平均年収は、777万円となっており、平均年齢は40.8歳となっています。また、平均勤続年数は、18.8年となっています。そして、過去の平均年収の推移を見てみると、平成17年では768万円、平成18年では764万円、平成19年では776万円、そして平成20年では788万円、平成21年では802万円、平成22年では777万円となっています。さらに、年齢別の平均年収を見てみると、25歳〜29歳では496万円、30歳〜34歳では592万円、35歳〜39歳では688万円、40歳〜44歳では777万円、45歳〜49歳では801万円、50歳以上では785万円となっています。過去5年間の日本新薬の平均年収を比較してみると、ほぼ横ばいとなっており安定している上に、日本新薬の平均年収は、他業界の上場企業の平均、医薬品業界の平均よりも高くなっています

薬剤師の資格を持った人が転職を考えるのは、薬剤師としての資格や経験を活かした仕事でさらにキャリアアップをはかりたいか、待遇面においてさらなる年収のアップを求めてではないでしょうか。そこで、薬剤師の資格を持った人の転職なら、まずは薬剤師専門の人材サービスに登録してみてはいかがでしょうか。薬剤師専門の転職サービスは、個人では見つけることができない求人情報も多数提供してくれるので、自分に希望する勤務先を見つけることができるでしょう。

日本新薬へ転職希望ならこの薬剤師求人サイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング