<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

小野薬品工業の薬剤師採用情報と年収

→人気サイトランキングはコチラ!

小野薬品工業は、世界に通用する独創的な医薬品の開発を目指して、特定分野に特化した研究開発を行なう国際製薬企業を目指している企業です。また、小野薬品工業では、ひとつの事に情熱をそそぎ、さらに困難なことにも積極的に挑戦する、既成概念にとらわれない個性的な人材を求めています

小野薬品工業では、新卒採用においては研究職や開発職の採用はなく、MR職と開発職の採用となっています。新卒採用の募集要項は、MR職の募集では、全国の支店、営業所、分室での人材を募集しています。また、生産技術職としての採用要項は、静岡県富士宮市にあるフジヤマ工場での生産技術要員としての人材が求められています。そして、小野薬品工業では中途採用やキャリア採用とった募集は、現在行なっていないようです。

小野薬品工業における新卒採用の選考は、まずエントリーシートによる書類選考が行なわれます。さらにその後、一次選考で面接、英語、小論文といった試験が行なわれ、一次選考を通過すると、二次選考の最終面接が行なわれることになっています。また、小野薬品工業での新卒者の初任給は、学士が22万円、修士が約24万円となっています。この初任給の数字は、他の製薬会社の初任給の数字とほぼ同じ数字のようです。

小野薬品工業では、現在研究職の採用を行なっていないので、薬剤師の資格を持った方は、薬剤師の資格を活かした職場ではないと思いがちですが、製薬会社におけるMR職とは、たんなる営業職ではありません。薬剤師としての資格を必要とする仕事ではありませんが、薬剤師の資格と知識があれば、それを活かした有効的な営業活動ができ、それだけ自分自身の実績を伸ばせる職種といえるでしょう。

次に小野薬品工業における年収をみて見ましょう。平成23年の有価証券報告書の数字によると、平均年収は841万円となっており、平均勤続年数も15.8年と比較的長く、平均年齢も39.8歳と若いというデータがでています。さらに、小野薬品工業における過去の平均年収の推移をみてみると、平成17年では839万円、平成18年では840万円、平成19年では、846万円、そして平成20年では838万円、平成21年では837万円、そして平成22年では841万円と、多少デコボコしていますが、ほぼ安定した平均年収となっています。また、年齢別の年収シミュレーションの数字を見てみると、25歳〜24歳では606万円、30歳〜34歳では724万円、35歳〜39歳では841万円、そして40歳〜44歳では949万円、45歳〜49歳では978万円、50歳以上では959万円となっています。

薬剤師の資格を持った人が、薬剤師としての資格を活かした転職を考えるのなら、薬剤師専門の転職サイトへ登録すると、個人ではなかなか得ることができない求人情報も知れるので自分の希望の勤務先を見つけやすくなります。

小野薬品工業の求人はこの薬剤師エージェントで探そう!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング