<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

ファイザー株式会社の薬剤師採用情報と年収

→人気サイトランキングはコチラ!

ファイザーは世界的でも屈指の製薬会社で、世界最大の研究開発費と、豊富な新薬候補品を持つ企業です。全世界に事業所を展開する同社は、製薬会社の中でも人気の会社です。薬剤師が活躍出来るファイザーの職種にはどのようなものがあるのでしょうか。

ビジネスユニット制と呼ばれる独自の組織形態であることも特徴の一つ。各事業は世界中で繋がっており、専門性が高く、同時に素早い意思決定と戦略構築を可能としています。ファイザーが採用している職種は大きく分けて5つ。MR職、臨床開発職、生物統計職、生産開発職、生産技術職です。

第一にMR職。医薬品情報担当者とも言われ、医薬品の適正な使用・普及を目的とした製薬会社の営業担当です。医師など医療関係者との面談を実施し、自社の製品の有効性や安全性などを訴求、病気で苦しむ患者を救う為に会社の最先端で働く職種のことです。平均年収は600万円程度。月収が少なく、業績に応じてボーナスが上下するのが特徴です。100万円〜200万円が期待出来ます。どの製薬会社でも同様ですが、出身学部関係なく応募できることが特徴です。薬剤師の知識があれば、より深い商品説明などが可能となるでしょう。

臨床開発職は研究所にて発見された、新薬として期待出来そうな化合物について臨床実験を実施し、審査・承認を経て、世に新薬を送り出す仕事です。技術系の年収が高いことがファイザーの特徴で、700万円〜900万円の年収が期待出来ます。薬剤師と比べるとかなりの金額差になります。生物統計職は、臨床開発のプロジェクトメンバーの一員として、臨床開発における戦略立案や計画立案を統計学から提案を行ないます。年収は500万円〜800万円程度です。

生産開発職は工場(名古屋)において、新薬の開発やジェネリック薬品の改良などを、実験ベースから、市販ベースへと昇華させる仕事のこと。年収は700万円〜900万円です。女性でも技術関係の職種であれば、800万円程度は期待出来ます。生産技術職は薬の製剤や品質管理を行い、安全かつ安定的に薬を提供するために、また効率的な生産システムを構築する為に、製造工程の改良や安全性試験を実施する職種です。年収は700万円〜900万円程度です。

薬剤師からファイザーに転職する場合、ほとんどの職種において年収アップが期待出来るでしょう。外資系企業であることから、評価ポイントとして、業績はかなり重要視されます。ファイザーのみならず、大企業に共通しているのですが、中途採用をクローズドな状態で行なっています。転職エージェントなどを経由すると、採用情報を手に入れやすくなっているのが特徴です。

ファイザー株式会社の薬剤師求人情報ならエージェントで!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング