<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

製薬会社のPM(プロダクトマネージャー)の薬剤師求人を探すなら

→人気サイトランキングはコチラ!

製薬会社におけるプロダクトマネージャーは、その商品についての販売戦略やプロモーション計画などを立案するポストになります。マーケティング職としての意味合いが強く、その医薬品に対して深く理解し、対象となる製品がどのような分野に対して有効なものなのか、市場の中でどのようなポジションを確立することができるのかということを考える仕事になります。医薬品の販路によってプロモーション方法は違いますし、重視しなければいけないことが変わるのですが、そのようなことを把握し、会社の売上に貢献することがミッションになります。

医薬には必ず用途がありますから、その用途とする分野についての深い理解は当然のことながら、商品が持つ効果がどれだけのものであるのかということに関してもしっかりと認識し、的確なアプローチでビジネスを強烈に推進する必要があります。研究者から始まり、開発担当が認証を得た新薬を、どのようなインパクトで世間に送り出すのか、どのようなアプローチで医療現場に送り出すのかということを考えるためのポジションになります。それが一般市場、つまり家庭向けの医薬品である場合は、専門家である薬剤師としての知識やノウハウをしっかりと一般の方が理解できる言葉に置き換える必要がありますし、医療現場向けであるのであれば、医療関係者に突き刺さる言葉に置き換える必要もあります。いわば自身の知識を、言葉や表現として翻訳する仕事であるといっても言い過ぎでも無いでしょう。

これは製薬会社の中ではMRの上位職としての位置付けが強く、MRを経験していなければ到達することが難しいポジションでもあります。新しく製薬会社に転身してキャリアを重ねたいという方は、PMになりたいという意志とともにMRからキャリアをスタートさせることが重要になります。逆に、すでにMRとして十分な経験を重ねてきたという方に関しては、その実績をしっかりと伝えることでPMとしてスタートできる可能性もあります。

実績や能力をしっかりと求人元の製薬会社に伝える必要があるので、サポーターとしての転職エージェントはとても心強い存在になります。有している実績も、伝え方、見せ方によっては印象が変わりますし、そのような実績をどのようにして伝えるのかということはPMとしての仕事に通じる部分でもあります。まずは転職エージェントのコンサルタントと共に、自分自身という商品の販売戦略を練るところからはじめるのが、転職成功への第一歩になります。

製薬会社のPM求人も掲載!利用者が多い求人サイトはコレ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング