<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

薬剤師の製薬会社への転職のポイント

→人気サイトランキングはコチラ!

薬剤師の資格を持った人が転職を希望する場合、勤務先として製薬会社は、自分のこれまでの薬剤師としての知識や経験を生かして、年収アップが可能な勤務先だといえるでしょう。製薬会社では、薬剤師の資格を持った人を、研究職として採用することはほとんどありません。

しかし、薬剤師の資格や知識を活かした営業職や、MRと言われる医薬情報担当者というとしての採用は増えているのです。MRとは、自社製薬を扱ってくれる病院の医師に対して、医学的な知識や薬学的な知識から、自社の製薬の情報などを伝えることや、どのような患者の治療に効果があるのかといったことを伝えることが仕事のひとつとなっています。

またMRは、逆に医療現場からのデータを、自社の製薬開発にフィードバックするといったことも仕事となっており、製薬会社では、とても重要な役割を担っている仕事なのです。しかし、製薬会社に転職する場合、薬剤師の資格を生かした研究職への転職が、全くないわけではありません。というのは、受託臨床試験実施機関や治験実施施設管理機関といったところで働いた経験がある場合、その新薬の研究開発に関する経験や知識から、大手の製薬会社に研究職として転職したという例もあるのです。つまり、薬剤師として製薬会社の研究職に転職することは、決して広き門とはいえませんが、転職する方法もあるということが言えるでしょう。つまり、高い年収も期待できる製薬会社の研究職への転職を考えるのなら、受託臨床試験実施機関や治験実施施設管理機関などで経験を積んでからチャレンジするのも方法のひとつでしょう。

また、薬剤師の資格を持った人が製薬会社に転職を希望する場合、研究職でなければせっかく取得した資格が生かせないというわけではありません。薬剤師の資格をもった人でも、製薬会社では営業職として採用されることが多いようです。製薬会社の営業職とは、薬剤師の資格を必要としているわけではありません。しかし、薬剤師の資格をもっていれば、医療や薬剤の知識を生かした営業ができ、さらに薬剤師として医療現場側の立場にたった営業も可能なので、一歩前に出た営業活動ができるのではないでしょうか。薬剤師の資格を持った人が、製薬会社に転職して営業をするのであれば、研究職とは異なり、営業先の病院の医師達とのコミュニケーション能力が必要だといえます。また、人と接することが好きな人は、製薬会社での営業職は、将来的に高い年収とやりがいがある仕事でしょう

薬剤師の資格を持った人が、製薬会社への転職を希望するなら、まずは薬剤師専門の転職サイトへの登録をおすすめします。薬剤師専門の転職サイトは、多くの実績とネットワークで、数多くの薬剤師の資格をもった人の求人を紹介してくれます。

製薬会社への転職実績が豊富!人気のエージェントはこれ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング