<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

製薬会社のポスドクの薬剤師求人を探すなら

→人気サイトランキングはコチラ!

ポスドクとは博士研究員のことです。博士号を取得した後に研究職に付く方のことを指します。欧米では博士号を取得した方のキャリアとしてある程度確立していて、活躍できるフィールドが整っているのですが、日本では言葉やこのポジションに対しての理解がまだ浅く、キャリアパスを見出しにくいというのが現状です。そのため、製薬会社のポスドクに対する募集は研究職を続けたい方にとっては、またとないチャンスということになります。

製薬会社として規模を発展させるためには、さまざまな要素が必要になります。大前提として販売力や営業力がなければ、どのような良い製品を抱えていたとしても意味がないということになってしまいます。ただ、そのように販売する力だけが突出していても、今度は開発力がなければ、やがて販売する商品が陳腐化してしまいます。新しい技術や新しい治療法を自社から発信することができれば、それはとても大きな資産になります。新薬の特許などを有するとビジネスとして得るものも大きいため、研究活動に対して継続的に投資を続ける企業もとても多いのです。

ポスドクが求められる局面にもいくつかあり、すでに進行中の研究に対しての増員、あるいは新規に新しい分野の研究を始めるための募集などです。研究内容自体を評価してその取り組みごと会社内に取り込むということもありますので、自身が続けてきた研究を新しいフィールドで継続させることができるチャンスになる可能性もあります。

さらに製薬会社での研究は金銭的な部分や設備的な部分だけではなく、開発部門のサポートなどが得られる場合がほとんどで、営業ルートを有している医療機関の方からのヒアリングの機会があったり、さまざまなシンポジウムに参加することができるなど、大学などと比較すると有利な部分も多いです。ただ、企業としてはやはり結果を必要としている場合もあるため、研究の成果を明確に示すことができるようにするという、やや営業よりな意識も大切になります。ただ、この点においてはどのようなフィールドであっても予算を獲得する取り組みは行うものなので、違和感があるほどのことではありません。

就職の窓口としては一般的に公募されることが少なく、薬学の中でも専門的な分野に入り込めば入り込むほど間口が狭くなっています。転職エージェントでは、専門的な知識を有したサポートスタッフが媒介役となってくれますので、募集元に対して自身が関わってきた内容を理解してもらいやすく、また必要とされている部分に関しても的確な情報を得ることが可能です。

製薬会社のポスドク求人も掲載!利用者が多い求人サイトはコレ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング