<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

製薬会社の研究職の求人をお探しの薬剤師へ

→人気サイトランキングはコチラ!

製薬会社には研究職と呼ばれる職種があり、薬剤師の経験を生かせる職場でもあります。よく開発職と混同されますが、研究と開発は別々のもの。両職とも、薬を販売する前であるという関わるフェーズは同じですが、研究内容が異なります。研究職はいわゆる新薬の開発のことで、効果がありそうな様々な化合物を生成したり、効果が認められそうな化合物を動物や培養組織で実験してみたりと、いわゆる非臨床分野に該当します。一方で、開発職は非臨床の後に行なう治験などの臨床業務です。治験自体は医師が行ない、開発職は治験の依頼やデータの回収・分析などを行ないます。MR(製薬会社の営業)と一緒に病院を巡ることもあります。

研究職の具体的な仕事は、新薬の元になる化合物の開発や、その評価テストの作成、実施。効果がありそうな化合物を作っては、動物などで実験を繰り返します。最もやりがいが感じられる瞬間は一定の成果が出た時です。治験など臨床実験にまでたどり着けなくても、例えば文献や論文にないような効果が現れたときは、大きなやりがいと喜びが感じられる職場であると言われています。

製薬会社の研究職として勤務する為の求人条件は、企業によって様々。薬剤師免許や獣医師免許を有していることを条件にする企業もあれば、大学の理系学部卒業で、医薬品の品質管理や信頼性保証、研究職の経験などを条件にする所もあります。博士課程以上であることを条件にする会社もあります。

製薬会社の職種の中でも非常に狭き門である研究職。希望する会社に転職する為には、経験が必要になりますが、簡単に積めるものではありません。最初から希望の職ではなくても、製薬会社の関連分野に就職することも一つの方法です。希望する職種までに時間をかけてもいいのであれば、他の企業で経験を積んだ後に転職を検討するのもいいでしょう。転職するときは、薬剤師の転職に精通しているエージェントを利用するのも一つの方法です。経験が積める会社や、研究職への転職に強い職種などを提案してくれるでしょう。

希望する会社に入る為には、その職種や必要とされる経験・スキルを得ることが大切です。狭き門であることを理解したうえで、どのようにすれば転職が成功するかを考えましょう。エージェントを利用すると、企業の紹介だけでなく、通過率の高い書類作成や、面接対策などを実施してくれる上に、面接日の設定や内定後の年収交渉までも行なってくれます。特に忙しい方にとっては重宝するので、転職するときは利用してみましょう。

製薬会社の研究職求人も掲載!利用者が多い求人サイトはコレ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング