<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

製薬会社勤務の薬剤師の年収をご紹介!

→人気サイトランキングはコチラ!

薬剤師の年収は、月給、時給ベースで見ても、比較的安定しているようです。また、薬剤師の勤務先には大きくわけて4つに分類されますが、どの勤務先を選ぶかによって、薬剤師としての仕事内容は異なっています。また、どの勤務先を選ぶかによって勤続年数による年収も異なっています。

薬剤師の勤務先には、「調剤薬局」「ドラックストア」「病院」、そして「製薬会社」の4つがあります。この4つの中で、薬剤師の人数が最も多いのは、「調剤薬局」や「ドラックストア」です。「調剤薬局」や「ドラックストア」での薬剤師としての仕事は、それぞれの店舗勤務の薬剤師としての仕事となります。

そして、調剤薬局勤務の薬剤師の年収は、400万円からスタートして、勤続3年目で約500万円程度が相場となっているようです。それに比べて、ほとんどのドラックストアはチェーンとなっているので、どのチェーンに勤務するかによっても異なりますが、ドラックストア勤務の薬剤師の年収は、スタートは調剤薬局勤務と同じ400万円程度ですが、店長クラスに昇格すると年収は700万円を超えることも期待できます。

「病院」「製薬会社」に勤務する薬剤師の年収は、スタートは400万円程度となっています。その為、薬剤師の年収は、どの勤務先を選んだとしても、スタートはおおよそ400万円くらいからスタートするようです。

しかし、「製薬会社」に勤務する薬剤師は、他の勤務先と比べて仕事内容が異なることもあり、高級待遇となっています。というのは、「調剤薬局」「ドラックストア」「病院」に勤務する薬剤師の仕事は、それぞれ店舗や病院勤務の薬剤師としての仕事となっています。しかし、「製薬会社」では、ほとんど研究職としての採用がありません。そこで、薬剤師の資格をもった薬剤師であっても、仕事としてはほとんどの場合、営業職としての採用となっているようです。しかし、製薬会社の営業職とは、多くは成果主義となっているので、医薬の専門知識や薬剤師としての知識を生かして800万円以上の年収を得ることも可能なのです。製薬会社で営業職として勤務するには、特に薬剤師の資格が必要なわけではありません。しかし営業先は、病院や薬局といったところになるので、薬剤師としての立場や、薬剤師としての知識は大いに役立てることができるでしょう。また、薬剤師の資格をもったことを活かしての営業では、成果主義の製薬会社では、高い年収を得ることも可能となるでしょう。

薬剤師の資格を持った人の転職なら、薬剤師の転職専門サイトがおすすめです。薬剤師専門の転職サイトなら、個人では見つけられない求人もあり、自分の希望の勤務先も探しやすいので、まずは無料登録をしてみてはいかがでしょうか。

最新のランキングで人気の製薬会社求人サイト!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング