<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

第二新卒応募OKの製薬会社の薬剤師求人を探すなら

→人気サイトランキングはコチラ!

第二新卒向けの製薬会社の求人は多い?
以前は新卒で就職したら、就職先で3年間経験を積まなければ転職は難しいと言われていました。しかし、現在は違います。医薬品の市場拡大により、人手不足が深刻になっているからです。医療用医薬品の技術が日夜進歩していることもあり、製薬会社でも第二新卒を集中的に採用する企業が増えています。ただ、非公開求人になっている場合が多いため、見つけるのが少し難しいです。製薬会社の求人はMRが中心で、薬剤師資格が必須条件ではないので、薬剤師以外の人で製薬会社での就職を希望する人が多く応募するため、倍率がかなり高くなります。製薬会社の求人は、春だけでなく秋にも求人が増える傾向もありますので、季節問わずに求人情報をチェックするようにしましょう。

第二新卒を雇うことのメリット
大学を卒業してすぐの新卒を雇うことが慣例となっている企業が多いのですが、新卒を採用することは、企業側にも大きなデメリットがあるのです。研修や教育のための費用がかかりすぎてしまうからです。第二新卒であれば、社会人経験を一年以上積んでいるため、社会人としての最低限のマナーは持ち合わせています。そのため、社会人マナーを学ばせるための期間や費用をかけなくて良くなるのです。薬剤師としての仕事面で即戦力になれるかと言うと、別の話になってきますが、第二新卒を雇うことは企業にとっても経費削減という大きなメリットがあるのです。教育や研修を省き、先輩の下で実践を学ばせることが出来るのが、第二新卒なのです。

第二新卒の転職成功のカギは面接にあり
薬剤師として一年間経験を積んでいる第二新卒は、ある程度業界のことを理解しています。面接のときに、その理解度を企業側は見ているのです。何を学んで何を求めて転職をするのか、面接時に素質を見ようとしていることを頭に入れておきましょう。新卒の採用にあたっては、学業の成績でしか判断することが出来ませんが、第二新卒であれば成績よりもそういった素質が判断材料となるのです。第二新卒で、製薬会社への転職を希望する場合は、自分の強みは一体何なのか自分をしっかり客観視できるようにしておきましょう。一年間の経験を積んだとはいえ、まだまだ社会人二年目。製薬会社の求人は少ない上に狭き門ですので、面接までたどり着くのが大変です。履歴書や職務経歴書の記入、面接の受け方などは、インターネット上の情報を活用すると良いでしょう。

製薬会社の求人も掲載!利用者が多い求人サイトはコレ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング