<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

塩野義製薬の薬剤師採用情報と年収

→人気サイトランキングはコチラ!

塩野義製薬は、人を最も重要な財産として、人材の能力を向上させるために多くの機会が用意されている企業です。そのため塩野義製薬では、個人と組織の成長を同時に達成する人材教育を行なっています。塩野義製薬が求める人材とは、何事にも怖れずに高い目標をもってチャレンジする、また高い専門性を発揮して、決めたことはやり抜き、組織目標の達成に貢献する、さらに目標を達成する為必要な能力の向上させるために努力をする、といった人材が求められています。

塩野義製薬では新卒者の採用には、創薬研究の研究職、開発職、統計解析職、臨床薬理職、生産技術研究の研究職、そしてMR職といった人材の募集が行なわれています。塩野義製薬では、2011年に最新の研究設備を備えたさまざまな研究者が交流をもち研究ができる医薬研究センターを稼動させました。そこで塩野義製薬の基本方針に基づいた創薬活動に邁進する若い人材を求めているのです。

塩野義製薬における新卒者の初任給は、2011年の実績で、博士了が約28万円、修士了で約 24万円、そして学士卒で22万円となっており、この金額は、他の製薬会社の新卒の初任給とほぼ同じ金額となっています。

また塩野義製薬では、キャリア採用も行なっており、現在塩野義製薬ではさまざまな職種の募集がおこなわれています。キャリア採用の採用職種としては、信頼性保証本部における安全性管理担当者、海外・国内製造所 GMP管理担当者、本社品質保証部幹部候補 GQP運営管理担当者、薬事担当者といった人材が求められています。安全性管理担当者では、3年以上の経験があること、また本社品質保証部幹部候補 GQP運営管理担当者には、経験者であることに加えて、薬剤師資格を有していることが望ましいとされています。そして、薬事担当者とは、もちろんのこと、医薬品の薬事業務経験者であるか、薬事法に関する基礎知識がある人材が求められています。

塩野義製薬の平均年収を見てみると、平成23年の有価証券報告書の数字によると、平均年収は800万円、平均年齢は40.5歳、さらに平均勤続年数は16.9年となっています。さらに過去の平均年収の推移を見てみると、平成17年は853万円、平成18年は869万円、平成19年は820万円、さらに平成20年では820万円、平成21年では816万円、平成22年では800万円となっています。また、年齢別の平均年収を見てみると、25歳〜29歳では511万円、30歳〜34歳では611万円、35歳〜39歳では710万円、そして40歳〜44歳では801万円、45歳〜49歳では825万円、50歳以上では809万円となっています。

薬剤師の資格を持った人が転職を希望するなら、薬剤師専門の人材サービスの利用が便利です。薬剤師専門の人材サービスなら、さまざまな求人情報があり、自分の希望の勤務地も見つけすいからです。

塩野義製薬の薬剤師求人をお探しならココがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング