<製薬会社薬剤師求人サイトランキング>まずはココに登録!

在宅勤務可の製薬会社の薬剤師求人を探すなら

→人気サイトランキングはコチラ!

薬剤師でも在宅勤務が出来る?
調剤薬局やドラッグストアなど、薬剤師の仕事と言えば、患者さんやお客様と対面して医薬品を調剤するのが一般的な薬剤師の仕事です。薬剤師の約6割が女性で、結婚や出産を機に退職や産休、育休を取る人が多いです。復職を考えていても、子供を見てくれる場所がなく、復職出来ないということも少なくありません。高齢化に伴い家族の面倒を見なければならず、長時間の勤務が難しいという人も多くなっています。そんな中最近増えてきているのが、薬剤師の在宅勤務です。大手製薬会社では、薬剤師の在宅勤務を積極的に取り入れています。在宅勤務が出来れば、薬剤師の資格を無駄にすることがありません。自分のペースで働くことが出来る上、面倒な人間関係に悩まされることもありません。

製薬会社の在宅勤務の求人はどうやって探す?
薬剤師の求人は数が多いのですが、製薬会社の求人はなかなかお目にかかることの少ない求人です。在宅勤務でなくても製薬会社の求人を見つけられる機会は少ないのです。そんな中で、在宅勤務可能な求人を探すのは簡単なことではなく、地道な情報収集と運も必要となります。製薬会社の求人は、非公開になっている場合が多いので、ハローワークや薬剤師に特化した求人媒体を利用して情報を得られる環境を整えてください。また、ごく稀に製薬会社のホームページ上に在宅勤務可能な薬剤師の求人が掲載されていることもあります。

在宅勤務の薬剤師の仕事内容は?
・翻訳 日本でまだ発売されていない医薬品の、添付資料を日本語に翻訳していきます。海外の薬事に関する文献を翻訳することもあります。医療用語は難しいため、翻訳ソフトを使っても正しく翻訳されないので人の手で翻訳される場合が多いです。薬剤師の資格はもちろん、語学力があると有利に就職活動を行えます。

・問い合わせ担当 製薬会社へ医薬品についての問い合わせがあったときに、相談窓口として対応します。メールなどで問い合わせがあった場合の返信作業も問い合わせ担当の仕事です。

・DI業務 在宅でDI業務を担当することは稀ですが、医薬品の副作用や臨床結果などのデータを、整理、管理します。医薬品に関する情報を収集し、資料を作成していきます。

・書類作成業務 社内教育で使うための資料やメーカーへの医薬品の説明文書などの作成を行います。治験にあたっての申請書類を作成したり、パソコンへのデータ入力を行ったりするのが主な仕事内容です。

製薬会社で高給与の求人も掲載!利用者が多い求人サイトはコレ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師へ登録

薬キャリ
薬キャリ

© 2018 製薬会社薬剤師求人サイトランキング